News information|robita
トップへ戻る

NEWS INFORMATION

01.22.2021

使えなくなったrobitaバッグ お手入れ・アフターケア

robitaの革バッグや財布には1年間の修理保証が付いています。

保証期間が過ぎても、もちろんお直しをすることが出来ます。

いただくお問い合わせの中には、長年大切にお使いいただいているバッグについてのものもあります。

革の状態や、壊れてしまった部分にもよりますが、出来る限りバッグとして使っていただきたいという思いで、お直し方法の工夫や、見積もりのご相談に対応しております。

でも、とても残念ながら、お手入れをしながら大切に使ってきたバッグでも、年月や環境などによる革の状態の変化で、これ以上のお直しをおすすめ出来ない場合があります。

例えば、長年使い込んで持ち手の革が痛んで切れてしまったバッグ、取り付け部分の革が痛んでしまうと、新しい持ち手に交換しても強度が落ちてしまったり、また、エイジング(経年変化) による色や質感は新しい持ち手には出せないので、見た目が大きく変わってしまいます。

たくさんの場面を共に過ごしてきたバッグには、様々な思い入れがあると思います。

物を入れて持ち運ぶバッグとしてはもう使えないけれど、形を変えることにより、違う物としてまた再生することが出来ないかを考えてみました。

 

 

再生 案その1

革メッシュの三角旗ガーランド

テントの目印にはもちろん、お部屋や扉のウォールデコとして

 

 

これまで活躍してくれたバッグに、ありがとうの気持ちを込めて。

カットする時は少しの勇気を持って、思い切りよくいきます。

メッシュ部分はそのままカットすると、編んでいる革がほどけてバラバラになってしまいます、それを防ぐため、裏面に生地を貼り付けてから三角形にカットしていきます。

 

 

端のめくれが気になる部分だけをピンポイントで軽く接着。

しっかり接着してしまうとメッシュの軽さがなくなってしまいます、ラフに。

 

 

三角形の旗が出来たら、穴を開けてヒモに通していきます。

 

 

ヒモの端にバッグの革ハギレで作ったストッパーを付けて出来上がり。

 

 

好きな写真やチャームなどをぶら下げたり

使い込まれた革との相性を考えながら、色々な飾り方を工夫するのもおすすめです。

 

 

再生 案その2

革メッシュのオーナメント

クリスマスだけでなく、お部屋のワンポイントデコに

 

 

ガーメントと同じく、生地を貼り付けてからカットしていきます。

革の質感や厚みも考えながら、複雑な形よりシンプルなモチーフの方が相性良さそうです。

 

 

メッシュをほどいて作った革のリボンを、ループにして打ち付けて出来上がり。

 

 

お部屋のワンポイントデコに

ドライフラワーやリースの飾り付けにも、使い込んだ革の質感をプラスして。

 

 

お手入れをしながら大切に使い込んだ革には、他の素材にはない独特の存在感があります。

これは吸放湿性によって、革自体がエイジング(経年変化) を現すということが一つの要因です。

吸放湿性とは、湿度の変化に伴い空気中の水分を吸収したり放出する、革の持つ特性のことで、この特性を持つことにより、革は『呼吸する素材』といわれることもあります。

使っている時に付いてしまった細かいキズやシミも、新しい物には出せない味わいです。

バッグとしてはもう使えないけど、使い込んだ革の風合いは気に入っている。

もしも、そんなrobitaをお持ちでしたら、別の物に形を変えることで、再び生活の中に取り入れて楽しむことが出来るかもしれません。

 

 

私達にも、そのためのお手伝いをさせてください。

使えなくなったrobitaバッグを、東京 学芸大学のROBITA’Sまでお持ちいただくか、送っていただければ、三角旗ガーメントかオーナメントに作り替えてお返しします。

作り替えの料金はいただきません。

 

 

使えなくなったrobitaバッグをROBITA’Sにお持ちいただくか、株式会社リアルポイント まで送ってください。

三角旗ガーメントか、オーナメントのいずれかを選んでください。

送る場合は、送料のご負担をお願いします。

お持ちいただく場合学芸大学  ROBITA’S

東京都目黒区中央町1-12-7  03-5720-7878

月曜日、火曜日定休     11:30〜18:00

状況により、休業や時短営業する場合がございます

弊社ホームページ、SNS等でご確認をお願いします

———————————————————————————————————————-

お送りいただく場合株式会社リアルポイント    担当  比企間

〒152-0001   東京都目黒区中央町1-12-7

03-5708-5651

● ご希望のアイテムと、連絡先を書いたメモを添えてください。

● 送り状に  robita再生  とご記入ください。

● 出来上がり品の発送は送り状に記載の[御依頼主様] 宛てにさせていただきます

 

 

robitaの企画や販売に関わるスタッフが、ありがとうの気持ちを込めて新しい物に作り替えます。

おおよそ1〜2ヶ月ほどお待ちください。ご依頼が多くなった場合など、2ヶ月を過ぎてしまう時は改めてご連絡いたします。

バッグのサイズや形により、使用出来る部分には一つ一つ違いがあります、三角旗、及びオーナメントの数、サイズや形については全て私達にお任せください。

お預かりしたバッグは順次作り替えをしていきます、キャンセルは出来かねます。

 

 

ROBITA’S店頭でのお渡し、もしくはゆうパックでの発送にて出来上がり品をお送りします。

発送の送料はこちらで負担いたします。

お渡し、お送りできるのは、出来上がり品のみです、バッグの他の部分はお返し出来ません。予めご了承お願いいたします。

 

 

 

大切に、たくさん使ってきたrobitaのバッグ。

バッグとして使うことが出来なくなった時、ただ捨ててしまうことしか出来ないの?

私達に何か出来ることがないか、と考えるきっかけになったのは、あるお客様からお預かりしたバッグでした。

バッグとしてはもう使えなくても、形を変えればまた生活の一部に取り入れることが出来る。ほんの少しのアイデアですが、物作りに関わる私達に出来ることをこれからも考えていきます。